3月11日(日)に国学院大学渋谷キャンパスで「小規模・家族農業」に関するシンポジウムを開催します。

現在、世界の食料の8割が小規模・家族農業によって生産されていますが、急速な市場のグローバル化の進展で、小規模・家族農業は危機的状況に置かれています。しかし、小規模・家族農業が、持続可能な農業の実現には、実はもっとも効果的だという評価がなされるようになり、国連食料農業機関(FAQ)は、「家族農業以外に持続可能な食料生産のパラダイムに近い存在はない」との認識の下、家族農業を中心とした計画の実行に取り組んで います。

2017年12月には、国連総会で「家族農業の10年=2019~2018」が採択されました。その日本でのサポーター組織「小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン」(SFFNJ)を立ち上げた、愛知学院大学 経済学部准教授  関根 佳恵  氏にご講演いただきます。

●日時 : 2018年3月11日(日)14:00~16:00  (13:30開場)

●会場 : 国学院大学渋谷キャンパス 2号館 2102教室

(住所) 渋谷区東4-10-28  ⇒ アクセス:https://www.kokugakuin.ac.jp/access

●プログラム【第1部  講演】

国連「家族農業の10年」と農政パラダイムの転換~小規模・家族農業の可能性~

【 講 師 】 :   関根 佳恵 氏      (愛知学院大学 経済学部 准教授  )

【第2部 質疑応答・議論】

【コーディネーター】久保田 裕子 氏     (国学院大学 経済学部 教授)

●主催 : NPO法人日本有機農業研究会、NPO法人 農都会議

●定員 : 80名        ●参加費  1000円 (学生半額)